Crow's Note

空色カラスが観たモノ(特撮、映画、アニメ)の感想などを不定期的に綴る隠れ家系語りBlogです。

Archive2017年12月 1/1

2017年も、有難うございました。

No image

2017年。今年はなんというか、あれもこれもと考えていたら、時間だけが無為に過ぎてしまったような…そんな1年でした。当初の予定よりも、あらゆる面において進捗があんまり芳しくないというか、思っていたことがあまりにできないというか。悔いが残るような1年だった気がします。とは言え、2015年ぐらいから抱えていた問題に、進展があったというか、一区切りついてほっとしてる部分もあります。ただ、そこに区切りがついたことで...

  •  -
  •  -

運命の戦い、遂に完結…!! ウルトラマンジード 第25話(終) 「GEEDの証」 感想

■ウルトラマンジード 第25話(終)「GEEDの証」[2017年12月23日放送]脚本:安達寛高 監督:坂本浩一遂に始まったジードとベリアルとの最終決戦。ロイヤルメガマスターの攻撃に耐え切ってみせたことでようやくアトロシアスの真価が見えたような。土砂降りの雨が降り注ぐ中、爪の一撃でロイヤルメガマスターをフュージョン解除に追い込む様はなかなか危機感ある絵面だったのでは。その上、アトロシアスもそれなりにダメージ入って...

  •  -
  •  -

ベリアルとの最後の戦いが始まる!! ウルトラマンジード 第24話「キボウノカケラ」 感想

■ウルトラマンジード 第24話「キボウノカケラ」[2017年12月16日放送] 脚本:安達寛高 監督:坂本浩一 遂に『ジード』の物語も、最終局面へという感じではあるんですが、終盤にしては今ひとつ緊張感や危機感を欠いたお話だったかなあ、と。 究極の姿・アトロシアスとなったベリアルも宣戦布告しただけで、その脅威は然程描かれてはいませんでしたし。 アトロシアスがキングのエネルギーを吸収することで、宇宙に綻びが生まれてる...

  •  -
  •  -

伏井出ケイとの戦いに遂にエンドマークが…!? ウルトラマンジード 第23話「ストルムの光」 感想

■ウルトラマンジード  第23話「ストルムの光」[2017年12月9日放送]脚本:三浦有為子 監督:武居正能伏井出ケイに呼ばれる声に導かれたリクは、星雲荘のみんな宛の置き手紙だけを残して決戦の地・沖縄へと単身向かう。前回からして、伏井出ケイに対して「お前を止めてみせる」と言ってるので、彼を止めるために行くのは分かる。でも、それをウルトラマンとして生まれた自分の宿命として、ある種の使命として背負っていくのが...

  •  -
  •  -

すべては伏井出ケイの手のひらの上で… ウルトラマンジード 第22話「奪還」 感想

■ウルトラマンジード 第22話「奪還」[2017年12月2日放送]脚本:三浦有為子 監督:武居正能今回、雰囲気だけだったら本作の中でも、指折りに好きなエピソードだし、実際初見では今回、メチャクチャ攻めてるなと思ってました。リクと、伏井出ケイ。本格的に始まったベリアルの継承者同士の戦い。その戦いの鍵となる2つの怪獣カプセルの争奪戦。一見、刑事ドラマを思わせるようなAIBと、伏井出ケイとの激しい攻防と、思わぬ伏兵ゼロ...

  •  -
  •  -